digital marketing.jpeg
当社が考える営業DXについて
background-crm-2.png
当社が考える営業DX

​顧客育成を自動化する

見込み客を購入する状態までを

自動化することによって、

一日に対応できる件数を増やしたり、

訪問の際はより具体的な内容の

​お打ち合わせが可能になります。

営業DX前

ニーズを聞き、それに合う

商品を​提案する

ニーズが合っていないと

商談が決まらない

電話やメールで連絡したり

​訪問のアポを取る。

その後の伺いや

​新商品の提案をする

parts-握手.png
parts-提案.png

電話やメール、訪問、資料の作成等、

営業がやらなければいけない業務が多いため

対応できるお客様の数に限界があります。

営業DX後

DLまたはサンプル請求後

指定の日数が経過した段階で

自動的に送信されます。

顧客も意識していなかった

潜在ニーズを引き出すことが

できます。

Google広告や、

QRコードで流入

顧客が興味を持って

自発的に行動している状態

カタログのDLや

サンプル請求で

メールアドレスを入手

parts-スマホ.png

サービス提案で

クリックしたサービスの

詳細案内メール

その後の伺いと別な

サービスの提案(URL)

parts-提案1.png
parts-提案2.png

ここまでを自動化▶︎▶︎▶︎▶︎

営業が行っていた業務が自動化されることにより時間が生まれ、

対応できるお客様の数を増やすことが出来ます。

た、お礼状を送ったり、休眠顧客の掘り起こしをするなど

人間らしさのある対応に時間を使うことが出来るようになります。