top of page
menuBOTAN.gif
LOGO Marc_W.png

日々精進ブログ

12月29日(木) DC

さて、今年も本日を含めて残り3日でございます。

今日、明日と2022年最後の打合せは残り3軒です。


今日もネクタイ締めて、気を引き締めてです。


当社のDC(=Distribution Center)について、

今日は書こうと思います。


当社のPBテイクアウト容器の

液漏れ防止容器の 『おうちでかんたん®』の

運用にあたり、ちょうど『シュガーケインファイバー 

さとうきび繊維のストロー』の販売も始まり、

当初は『輸入+国内流通』を目的に

2020年春頃から始めました。


当初は、北海道札幌市の当社の事務所の一部スペースと、

同じビルの空き部屋を借りて主に、

さとうきび繊維のストローの運用を行いました。


その後、2020年8月からは北海道札幌市内の

委託倉庫と併用して運用を行い、出荷はすべて

札幌DCから商品出荷をする事になりました。

『おうちでかんたん®』の実際の発売は2020年10月

からですので、実際の本稼働はこの時期です。


当初から、関東にDCを置くか?札幌にDCを

置くか?色々と検討を重ねており、DC運用経験が

無いのに、いきなり距離の離れた場所での運用は

なかなかリスクが高いな・・とも判断し、

まずは『距離の近い』同じ札幌市内で運用を

行いました。


運用するにあたり、まぁ課題は出る出る、

これじゃあダメだなと何度もその都度対策を

講じながら試行錯誤を繰り返しました。

そりゃそう、初めてだし。

今、振り返ると無駄が多すぎだったと

とても反省です。


お客様の納品先が北海道より本州の方が

多く、物流コストやリードタイムなどの

課題もあり、運用して1年経った頃に、

縁が有り、現在の当社関東DCの拠点となる

場所とのご縁をいただきました。


2021年の秋に一度、視察に訪れ、

その後何度かMTGを行い、『距離の遠い』

場所での運用に社内からも懸念の声が出ましたが、

では、それらの課題が運用前に把握しているならば、

それらをどのように事前に解決出来るか?を考えました。


その結果、2022年3月から当社の関東DCの

運用が始まりました。2022年7月までは札幌DCとの

2本柱での運用でしたが、7月以降の現在は関東DCの

1本化になりました。















当社、関東DC。

当然、これが当社の倉庫全部なわけが無いのですが、

この中の一部を借りて運用しています。


DCのOさん、Wさんには今年一年

大変お世話になりました!

本当に頼れる存在です。


本当にありがとうございました!!



ある意味、2022年は色々な部分の国内物流を

検証する事が出来、実行に移す事が出来ました。

2023年は更に、その幅を広げます。

それ以外にも、今年は『輸出面』としても

当社の関東DCは大活躍でした!


2023年はこの当社の『関東DC』が更に大活躍します。



物流を制する者が市場を制する!



とはいうものの、当社は小さい会社なので、

隙間隙間をすり抜ける戦術で、オンリーワンの

やり方を目指します!!



もちろん、まだまだDC運用面に於いては、

課題が多いので、1つずつ解決して、

よりスムーズに熟していきたいものです。



何が出来るか?を常に考え、最善策を見つけ、

行動に移し、改善し、より最善策を見つける。



それの繰り返ししかありません。



さて、日々精進。


-----------------------

From Sapporo ,

We create new value & vitality.

株式会社リプロール


ロック機能・液漏れ防止機能付き

電子レンジ対応 テイクアウト&デリバリー向け容器

おうちでかんたん produce by reproall packaging


さとうきびの新しいカタチ

シュガーケインファイバー さとうきび繊維のストロー

-----------------------


Komentar


bottom of page