top of page
menuBOTAN.gif
LOGO Marc_W.png

日々精進ブログ

5月28日(火) サイクル

最近のファッションを見ると、自分が中学、高校時代に

昔見た事のあるファッションベースに+表面デザインが

加わったようなものが多く見受けられます。

サイクルで回っているように思います。



音楽も同じように、青春パンクの現代版が

徐々に増えてきているようにも感じます。

これもサイクルで回っているように思います。


食べ物も同じで、台湾のタピオカミルクティーは昨今

ブームになりましたが、これも20年以上前に日本では

ブレイクした事の有るもので、それが再びブレイクしました。

コロナの影響もあったかもしれませんが、だいぶ一服感は

有ります。


自分にとても近い馴染みのあるものを、新しい価値に

気付かせる行為と言うのは非常に難しいと思います。



これは、4月の台湾出張でした。

久しぶりに農場訪問です。

これ、何か分かりますか?




マンゴーの生育中にも似ているのですが、

これはマンゴーではないんですね。








中を割ると、中だけぱっと見は、いちじくにも

見えなくも無いです。


下の方の白~黄色のグラデーションのある、

内側に向いているのは『花』なんですね。

これは、内側に向いて咲く花です。





これをどう食べるか?












こうなります。

収穫時期は未だ先で夏なのですが、収穫後に

これを乾燥させ、とある過程を経て、水と合わせると

こんな感じで、ゼリーのようになります。


まさに、自然由来の寒天です。

無味無臭なので、味を付けて食べます。


台湾ではずっと昔からある馴染みのある食べ物ですが、

これをリブランディング®を行い、日本での導入を来年に

向けて取り組みます。



それに向けて、これからまず台湾内での

リブランディング®を行います。













とっても暑かった。

この日は一日農場でした。























やはり、現地に出向けば『活きた』情報は

わんさかあるわけで、面白い果物にも出会えました。







試験栽培のものを試食でいただきました。

日本には持ち帰れないので、滞在中にホテルの

冷蔵庫で保管して食べました。


一見はただのパイナップルですが、

この品種『マンゴーパイナップル』だったかな?

風味がマンゴー風味でパイナップルの味と食感

という、台湾フルーツを1度に2度美味しい食べ方の

できる、不思議なパイナップルです。


よくこんな品種改良をしようと思いましたよね。


日本人がとっても大好きな味です。






どどーん!!


これも台湾では昔からある、馴染みのあるスイーツです。

かき氷の上に、フルーツ、もっちり団子?、豆、黒糖蜜など

わんさかあります。

見て楽しい、食べて美味しい。





さて、日々精進。





-----------------------

From Sapporo ,

We create new value & vitality.

株式会社リプロール


★当社デザイナーによるfree art★

-----------------------

Comentarios


bottom of page