menuBOTAN.gif
LOGO Marc_W.png

日々精進ブログ

10月30日(土) 繊細さと複雑さ

9月の話に遡りますが、食べ物の話です。



@メニュー


こちら当社のお客様でもある、東京のザ・キャピトルホテル東急の

中国料理の星ヶ岡様です。


現在は、テイクアウト容器のおうちでかんたんをご採用

いただいており、パッケージとデザイン分野でもお取り組み

させていただいております。


ザ・キャピトルホテル東急

中国料理 星ヶ岡様

https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/restaurant/hoshigaoka/index.html



とてもとても歴史のあるホテルであり、またこちらの

レストランもとてもとても歴史があり、仕事面の『プロフェッショナル』

という部分に於いては、非常にいつも私自身感銘を受けます。

なので、こちらで食事をすることがとてもいつも楽しみでもあります。


『ただでは帰さないぞ、感動させるまでは』と言わんばかりの

驚きの料理ばかりです。


こちらでは2か月毎に様々な都道府県フェアが開催

されています。前回はオリンピック開催期間中という事もあり、

日本全国フェアでしたが、この時は長崎県フェアでした。



@南島原 深江産車海老の揚げトースト


メインの車エビを支える衣、香辛料、繊細さが凄いです。



@長崎県産食材を取り入れた前菜の盛り合わせ


1皿に長崎県の食材が揃います。

味わいも本当にたくさんのバリエーションが有り、

もうこの1皿でストーリーが胸いっぱいになります。


ガザミ(蟹)、シャコ、クエ、平家きゅうり、あかね豚、対馬地鶏、

いか、椿油・・・

全てが長崎県産です。すごい。


いつも思いますが、本当に前菜の繊細さは

和食じゃないの!?と思わされるほど繊細です。



@長崎県橘湾水揚げ ガザミの蟹肉入りふかひれの姿煮


ガザミの蟹肉入りふかひれの姿煮です。


同じ食材を使用しても調理技法がすべて異なるので、

まるで違うものを食べているようにも感じさせられます。


塩の味の入り混じり方が本当に凄い。絶妙。


ガザミは台湾で何度か食べたことがあったので、

長崎でも獲れる事の驚き、そして食べ方のアレンジの豊富さが

凄いです。台湾では茹でて食べたことしかありません。


@五島福江港直送 五島〆ハタの蒸籠蒸し 青葱の香り


ハタと幾つもの塩の味わいが絡み合って、

しっかりハタのうまみを引き出す、そんな製法。


ハタも台湾では過去に食べたことのある、馴染み深い

食材の1つでもありますが、こうして日本で食べるのは

また違った味わいを感じます。


そして、この青葱が臭すぎず、さりげないアクセントで

美味しい。



@雲仙あかね豚の東坡肉 如意巻添え


中国料理の王道の味です。

ずーん!ってくる感じ。


このお肉は美味しかったです。



@長崎和牛“出島”ばらいろの浙江赤酢炒め


星ヶ岡さんの酢料理の炒め物は素材の中まで

日がジューッ!って入っていて、外側の餡も熱いんですが、

一緒に食べると、熱すぎないというなんとも不思議な

調理技術です。火入れ技術がすごい。

そして、空気と一緒に食べようとするといつも

必ずむせます笑 食材の周辺の空気までお酢の

味が飛んでいます。しかし、癖は強くない。


そして、個人的に凄いなーって思うのが、盛り付け。

手前を微妙に空間を開けます。


こういうさりげない細かさにプロフェッショナルを

本当に感じます。

この抑揚は私もデザインなどを考える際には、

とても重要視しているので、とても良い刺激です。



@長崎俵物 生からすみと海老卵の和え五島手延べうどん



全体が絶妙にバランスがとられた味わい。

生からすみで全体が1つの味になるかと思いきや、

そうはさせないのがここのお店の凄さです。


五島の手延べうどんは、ここで知り、通販しました笑

また、五島の塩も同じです。

とってもまろやかな自然塩です。

一般的な自然塩とはまた違う層の塩味です。

面白いです。



@長崎県産茶 そのぎ茶の豆乳ブランマンジェ&壱岐島産“和蜂”生はちみつ月餅




@そのぎ茶


普段、その産地に行ってもここまでコアに深く

知る事なんて1回じゃ不可能です。


しかし、こちらのレストランでは1度の食事で

これだけのストーリーを学ぶことが出来ます。


美味しいというのは言うまでもありませんが、

これらの生産者の想いを表現する熱意が

本当に半端ないくらいのこだわりを持って

メニューになっているというのを本当に強く

感じます。


中国料理の基本を重視しつつ、新しさを追求。



これらが、北海道食材になるとどうなるか?

それを想像しながらいただきます。



生産現場もとても楽しいですが、

それを表現する現場も楽しいです。



昨日は中国のコンビニチェーン向けの

アイスキャンディーのデザイン提案でした。

来年の夏に向けたもので、中国全土への

展開の話です。相手は中国企業です。

初めての取組です。


今回のテーマは和モダンとレトロです。

自分なりのインスピレーションが

とてもよく表現できました。



ある意味とても今回の長崎フェアも刺激を

受けました。


この経験が無ければ、表現できなかったことも

多くあります。



日々、精進。



さぁ、手洗い!手洗い!




-----------------------

We create new value Reproall

株式会社リプロール

http://reproall.com/


ロック機能・液漏れ防止機能付き

電子レンジ対応

テイクアウト&デリバリー向け容器

おうちでかんたん

produce by repro-packaging

https://www.ouchide-kantan.jp


さとうきびの新しいカタチ

シュガーケインファイバー

さとうきび繊維のストロー

https://www.sugarcanefiber.jp/