top of page
menuBOTAN.gif
LOGO Marc_W.png

日々精進ブログ

7月3日(月) UR LIVING

台湾の大きさは日本の九州と同じくらいの

大きさで、人口は約2,400万人です。

面積も限りがあるので、日本ほどいわゆる路面店の充実さに

ついては多くはないです。

台湾での路面店は非常に貴重です。

台湾台北市の当社のお客様のご紹介です。



UR LIVING


UR LIVING


3階建ての路面店です。


建物自体は「 UR LIVING 」という名前です。


1F⇒PAZZO(ファッション店舗)

2F⇒BRUN(レストラン)

3F⇒BOOZY BOOZY(バー)




この構成です。


PAZZOは台湾のファッションブランドで、

会員数は230万人と台湾の人口の10%をも

持つ凄い企業です。台湾の上場企業です。


PAZZO



UR LIVING








看板。

隣の建物にも繋がる大きな

シンボルマーク。










UR LIVING,PAZZO







大賑わい。












この日は平日のPM3時位の時間帯でした。

とても多くのお客様が1Fのファッションフロアに

続々と来店されていた印象です。


この複合スタイルは昨年からの展開だそうです。



pazzo

とても大きな看板です。

これはお店の駐車場挟んだ隣の建物の看板です。

車7~8台分くらいのかなり大きな看板です。



UR LIVING

3階のバーから見るとこんな感じで、目の前にドドーン!と

入ってきます。圧倒されます。



UR LIVING


BOOZY BOOZY

3階に設置されています。

クラフトカクテルが選べます。

奥の6か所にはジンや様々なお酒が有ります。

それを組み合わせたメニューが提供されます。

このバーは今年の5月にデビューです。


BOOZY BOOZY


こんな感じでとっても綺麗です。

これ、容器にホログラム加工がされており、

見る角度により色が異なって見えます。

この日は曇りでしたが、晴れの日はさらに綺麗に

見えるんでしょうね。

このバーは夜だけでなく、昼から空いています。

2Fのレストランの飲料の持ち込みもOKだそうです。



BOOZY BOOZY










不夠醉?

我們還有SHOT!!


=未だ良いが足りない?

未だSHOTも有るよ!と。






これはカウンターの真上を見上げると

書かれています。これはとても遊び心のある演出。

面白い。



BOOZY BOOZY



















台北は日本で言う東京のような場所です。

東京の都心ほど入り込んだ感じはありませんが、

台湾の中で言うと都会です。

そんな都会の中にこんなゆったりとしたスペース。

そして自然が有る。



UR LIVING , BRUN

2Fのレストランもこんな感じで緑を感じられる空間です。


6月は何度か訪れる機会が有ったので、

食べ物も幾つか経験出来ました。

なかなかの品質、そしてとても美味しかったです。



UR LIVING , BRUN, PAZZO








クロッフル。

美味い。











UR LIVING , BRUN, PAZZO













UR LIVING , BRUN, PAZZO




















UR LIVING , BRUN, PAZZO




















UR LIVING , BOOZY BOOZY




















UR LIVING , BRUN, PAZZO


こちらのお店AM8:30から開店しており、

朝食も提供しています。

結構ボリューミーです。そして、野菜たちの下には、

スーパーフードがたっくさんあります。

出張中の野菜不足にも最適ですね。



向こう1年で、このスタイルを台湾で6店舗

開業予定です。




さて、日々精進。 ----------------------- From Sapporo , We create new value & vitality. 株式会社リプロール http://reproall.com/ ロック機能・液漏れ防止機能付き 電子レンジ対応 テイクアウト&デリバリー向け容器 おうちでかんたん produce by reproall packaging https://www.ouchide-kantan.jp さとうきびの新しいカタチ シュガーケインファイバー さとうきび繊維のストロー https://www.sugarcanefiber.jp/ -----------------------


Comments


bottom of page